2007 年 8 月 9 日 木曜日

雑談近況(スモークサーモンのピザ他)

●小島よしおが何でおもしろいのか全くわからん。Twitterのおもしろさと同じくらいわからん。

●XOOPSで作り直していた知人のサイトをJoomlaでやり直すことに。わしにもそのほうが好都合。

●ある企画がある企業からのヨコヤリで中止になり、事後処理中。しかしそれでも報酬が意外に多いようなので一息ついたところ。権利を主張する側は、権利をひとまわりふたまわり大きく考える傾向にある。と思っていたら別の権利のことで先週こんな記事(業界団体CCIA、MLBやDreamWorksが「著作権を不当に主張」と申し立て)が出ていた。

●佐野洋「推理日記」を1冊目から読み返している。警察や裁判の仕組みについて不勉強なまま書かれたミステリには手厳しい批評。「誰の視点で書いているのか」が、ぶれている描写もコテンパンだ。痛快。

●冷水用緑茶パックで作った茶がどうもマズいので、紅茶を淹れて冷やしてみたが、やっぱりあんまりうまくいかない。

●先週末に音楽雑誌時代からの友人に、別の編集部にいた現・翻訳通訳業の人を紹介してもらって、ルミネエストの「ウルフギャングパックカフェ」でローストチキンやスモークサーモンのピザ(クリームチーズがはさまっていてすごくうまい)を食べた。メタル/ハードロックの話で懐かしさに浸る。偉大なギタリストが、奥さんがおみやげに買ったコケシの数を見て、「こんなにいらないだろう!」とすごい勢いで激怒し、周囲は「やっぱりあの方は…ケチだったのか」と納得したらしい。業界のイタい人々は増えているらしく、山ほどたまるまでギャラの支払いが遅れる奴、担当アーティストが売れると仕事が増えて面倒だという態度を隠さない奴、支払いをなるべく他社になすりつけようとする奴などいろいろ。

●いずこも悩みは同じで、問題になるのは一緒に働く人の性格なのだなあ。他人に対しては、甘いぐらいがちょうどいい。「自分にも他人にも厳しい私が好き」みたいな人の選択肢は狭まっていく。その影響で仕事が増えたある人は、食べ物のことを考える余裕が減ったようだが反動がこわい。

ニコニコ動画のねこ鍋が可愛い。

●ヒットポイントを回復するために、しばらく前にはホイミ系&賢者の杖&やくそうで、その後ケアル系&ポーション&ホワイトウィンド、でやがておくすり&特効薬&優しさの雫など、そして断続的にIn Vas Mani&包帯であったが、ニコニコ動画でサトミタダシ薬局のテーマを15年ぶりに聴いてしまい、ヒットポイント回復するならきずぐすりと宝玉で、瀕死大変仲間を助ける地返しの玉と反魂香!!な気分に。

●そういえば夏らしいことをやっていない。家の中から花火を見たくらいだ。

全文 »

2007 年 7 月 14 日 土曜日

雑談くら寿司

 昨日の夕刊(読売)TV欄下に、くら寿司の「ブランド寿司と九州うまかもんフェア」のカラー広告が出ていたのを見て、ヒデヨシの頭の中は寿司でいっぱいになってしまったらしい。今日も朝からワクワクしておった。職場でもくら寿司のページを見てどれを食べるか考えたり、まわりの人にくら寿司の魅力について語ったりしていたという。

 くら寿司はファミレス型の回転寿司屋で、一皿100円均一(高いネタは皿が2枚)。テーブルごとに注文および皿枚数管理のための端末が設置されていて、予算をオーバーせずに食べられる。無添加がセールスポイントらしいが、普通の寿司も、肉類やサラダ風のように変わった寿司もあるのが楽しい。まぐろと半熟卵を軍艦にした「海鮮ユッケ風」、イベリコ豚の蒲焼の寿司、えびのアボカド添えなど、ここで初めて食べたが、斬新かつ大変おいしい。

 今日はまず煮玉子のマヨネーズがけ(初登場)と、海鮮ユッケ風(毎回必須)、大葉コウイカ(イカもいつも食べるが今日はこれ)。それからフェアの目玉でもある数量限定の大トロを急いで注文。うまい~! ちゃんとしたトロだよ。脂のってるよ。そして三点盛りの生アジ、かんぱちがこれまたうまい。生アジはもう一皿注文した。それからほたてなどまた何皿か食べた。ヒデヨシは普段あまりまぐろを食べないが、今回は絶賛であった。みなみまぐろ赤身もなめらかな舌触りでうまかった。

 デザートにはドラゴンボートを。いい感じに凍っていて、見た目も華麗。ドラゴンフルーツとマンゴーと、何かよくわからない南国系フルーツと思われる、柿のような感触のものが盛られている。

ドラゴンボート

 ヒデヨシはまた何皿か追加して、ドラゴンフルーツも食べたんだが「アレを忘れていた」と。うなぎである。この段階でうなぎかい! 「山椒を持ってくればよかった」「これは一口うな丼だ」「寿司屋でうな丼が食べられるなんて」「量がちょうど良い」と毎回言う。そしてデザート締め更新のため水ようかんも食っていた。「最近酒を飲む機会が減ったせいか、甘いものがうまく感じる」と言い訳も必ずするのであった。

ビッくらポン景品 ちなみに、5皿ごとに注文端末の画面が「ビッくらポン!!」の抽選ゲームになり、当たると景品のカプセルが一つ落ちてくる仕組みだ。いつも違う、くら寿司オリジナルグッズが入っていて、当たる確率はけっこう高いようだ。ほとんど毎回何かもらっている。今回は時計キーホルダーだった。26皿で2つも当たった。

全文 »

2007 年 7 月 12 日 木曜日

雑談鉄板焼きランチと中国茶

 昨日は学生時代からの友人と久しぶりに会って昼ごはんを食べ、午後じゅうしゃべりつくした。まずは彼女がテレビで見て興味を持った「鉄板焼AC広尾」へ。夜はコースメニューが5250円~9975円と、スポンサーでもいないとなぁという価格帯だけど、ランチはコーヒー付き1050円~3150円。友人はステーキ丼、私は鉄板焼きハンバーグを頼んで一口ずつ交換した。ステーキは脂のうまみが鮮烈で、タレがしみ込んだご飯も美味しそう。和牛+上州豚のハンバーグも美味しくて、肉汁たっぷりのドミグラスソースが絶品だった。

 新宿に移動して「茶語」で中国茶を20杯ぐらい飲みながら、いろんなことを思い出す。というか彼女が細部まで覚えている出来事の話につられて、記憶が引き出されるという感じ。すっかり忘れていた、都合の悪い話も彼女がしっかり覚えているのだった(汗)。そして彼女の人間観察力はミス・マープル並。「40過ぎてかわいいつもりでいるキャリアウーマン」とか「集まりたがるが、面白い話題を提供できずお客さんでいる人々」、「自分の地位が自慢で、他人との関係に上下や優先順位をつけてることがバレバレの人」、「不発に終わった企画の事後処理がちゃんとできず、結局体調をこわしてしまう人」などがリアルに描かれる。主題はあくまでも「こういう経験をした」ということで、描かれる人々はあくまでも登場人物で、私の知らない人が出てくるとどういう人か説明してくれるだけなんだが、それが面白くてあっという間に時間がたってしまうのだ。こちらもふだん引きこもっている分、しゃべりたい欲求がたまっていたのが、すっきり発散された。

 「茶語」のお茶請けに出た、黒糖菓子のように崩れるキャラメルも、そのあとまた別の店で食べたパルメザンチーズケーキも美味しかった。ぜいたくな午後だった。

全文 »

2007 年 6 月 12 日 火曜日

雑談年金と保険

 コムスン不正請求問題、年金記録紛失問題と、老後が不安になるニュースばかりだ。そもそも年金や保険は制度自体が問題だらけなので、これをきっかけに少しは見直され、澱みが浄化されればいいんだが。

 介護医療の関係者は、医師や一部の看護師はともかく、他のスタッフは安い給料で、そんなことまでと思うような「サービス」も福祉精神で乗り切っているのが現状らしい。医療関係者と話したり、2ちゃんねるの介護・福祉板とか見たりしてると、こんな社会は間違ってると思う。ベッドが満杯でも、もうかってるとは全然言えず、余分な利益というのが出ないようになっている。介護されてる人にとって必要なサービスでも、請求可能かどうかは別問題であり、スタッフの給料を抑えるだけでは吸収しきれないものがある。ワタミの社長も大変だぞ。

(6/16・1行追記)毎日新聞「発信箱:コムスン問題の黒幕」にうなずく。コムスンを叩いて済む問題じゃない。

 さて、そんな今日このごろだからか、実家の母から「年金は大丈夫か、ちゃんと調べてもらった方が良い」という内容のメールが来た。私は行列が嫌いだし(ドーナツ食いたし並びたくはなし)、手続きとかも考えただけでうんざりする方なのを見通しているようだ。まあ、たまたま前の職場をやめたときに調べてもらっていたんだけど。

 で、メールの末尾に書いてあったのが…

「できればヒデヨシ君の分も一緒に調べてね。」

 ヒデヨシという仮名はここでしか使っていないのだ。何でバレたんだろう!? ここが。

 ヒデヨシも職場で「お寿司半額で買ったんですか」と言われたそうで、そうか、それなら何かヒデヨシの恥ずかしがるようなネタを書いてやろう、何から行くかのう、と指を鳴らしていた矢先だったのに!

 ちなみにヒデヨシとは、ますむらひろしの「アタゴオル」シリーズに出てくる、食べ物のことばかり考えているでぶ猫の名前です。

全文 »

2007 年 6 月 8 日 金曜日

雑談寿司ボンバー&秋刀魚のおにぎり

 ヒデヨシ(仮名)はデパ地下やスーパーなど食べ物がたくさん売られているところが大好きで、お金さえ持っていれば何周でもまわれるらしい。試食は、してしまうと買わざるをえなくなってしまうのでめったにしないが、バレンタインデーの前には、珍しいチョコレートを見て、とっさにオカマのふりをして試食し、買ってきたという前科の持ち主である。そして、3割4割引は当たり前という買い物上手でもある。

 そんなヒデヨシが昨日は寿司狙いで、あるフードショッピングセンターに行った。閉店時間が迫ると、翌日までもたないものは激安投売り状態になる。しかし、そのタイミングは売り場担当の気持ち一つだ。激安になる前に食べたいものが売り切れてしまう可能性も高く、その場で待機するのもみっともない。

 少し離れたところで、いかにも携帯電話で重要な連絡を待っているふうを装い、他の食べ物と比較検討している様子もかもし出して、寿司売り場を監視していたんだそうだ。ほかにおばあさんも一人、割引シール待ちでうろうろしていたんだそうだがそれは素人。慣れている人々はさりげなく売り場の雰囲気に溶け込んでいるのだ。

 しばらくすると売り場の若者が、ポケットから半額シールの束をはみ出させながら、商品チェックを始めた。もう、カウントダウンである。そしてまたしばらくすると、ヒデヨシの耳に、暗号が聞こえた。「寿司ボンバーお願いします」

 こんな状況でニックネームが使われているとは、サッカーの高原選手には思いもよらないことであろう。しかし売り場の若者は即座に動き、手早くシールが貼られていった。ヒデヨシはすかさず特上握り寿司2パックを半額でゲットすることができた。

 主な買い物を済ませて余裕の出たヒデヨシは、他のコーナーにあったヘンな食べ物に目をとめた。

samma1.jpg

 秋刀魚の焼きおにぎりであるが、ひと目見たら忘れられない形状であり、買わなければ必ず後悔する物であろう。2つで500円にしてあげると言われてますます背中を押され、購入したそうだ。

 寿司は大変おいしゅうございました。秋刀魚にぎりは、ちょっとなまぐさそうかなと思ったが、中に巻いてある紫蘇との相性もよく、手が脂だらけになるけど意外にさっぱりした感じでおいしかった。

全文 »

2007 年 6 月 1 日 金曜日

音楽ぬこドラマー

 かわいいよ、ぬこドラマーかわいいよ!

 てなわけでこのところニコニコ動画で猫(ぬこ)の動画を見るのが日課となっています。特にお気に入りなのがその「ぬこドラマー」で、要するに猫のエアドラムなんだが、表情といい動きといい、もう最高なんですわ。

全文 »

金曜日

雑談レモンのまるかじり

 レモン、プチトマト、ヨーグルト、梅干、みかんの缶詰、肉を近所のスーパーで買ってきた。妊婦でもいるのかと思われそうなセレクションだが、実験のためなのだ。「特にプチトマトは絶対!」とヒデヨシ(仮名)が言うので、ノーマルサイズに比べて割高でもまあよしとする。肉は実験には関係ないが、肉はメタル、メタルは肉なので、よりどり3パック1000円ならば買うことになる。

 この実験は、空腹時にはお勧めできない。夕食後、満腹感が薄れると、ヒデヨシがうきうきして台所に立ち、果物を切って並べてきた。

全文 »

2007 年 5 月 12 日 土曜日

音楽ヘヴィ・メタル・ラウダー・ザン・ライフ

 TSUTAYAで借りてきた「ヘヴィ・メタル~ラウダー・ザン・ライフ」(2006年)を見た。
http://www.allcinema.net/prog/show_dvd.php?num_sid=446121

 基本はインタビュー集で、バックにライヴ映像やビデオクリップ(やや細切れ)も流れる。資料としての価値はあり、ロニー・ジェイムス・ディオ(64)、ロブ・ハルフォード(55)、イアン・ペイス(58)、ギーザー・バトラー(57)、ディー・スナイダー(55)、ニール・マーレイ(56)、グラハム・ボネット(59)、バーニー・マースデン(56)と皆さんいい年のとり方をしているところは単純に喜べる(年齢は現在のもの)。バーニーとイアン・ペイスはちょっと太りすぎか。ギーザーはもうすぐ還暦とは思えないカッコよさ。50以下の人たちもいい男ぶりだ。ときどきレーベルやプレスなどの関係者や、心理学者の話も入っている。最後にはダイムバッグ・ダレル(パンテラ、ダメージプラン)を悼むコメントが集められている。ステージ上でファンに撃たれる(犯人は直後に警官に射殺された)という悲劇的な死だった。商品版は2枚組みとのこと。

全文 »

2007 年 5 月 7 日 月曜日

ミステリ,音楽島田荘司=アイアン・メイデン説

 GWはレンタルビデオを見て、ちょっと仕事してという感じであったが、一度だけ電車に乗って出かけた。メガネ装備者の飲み会だったのだ。そこで「最近なにか面白いもの読んだ?」という話になり、P氏が「ばりばりの本格ミステリが読みたい。魅力的な謎があって、ジャーマンメタルのような…。本格ミステリってメタルだよね」。

全文 »

2007 年 5 月 2 日 水曜日

雑談お下がりPC

 昨日うちの大食の者ヒデヨシ(仮名)が、友人からお下がりのPCをもらってきた。その友人はお金持ちで、PCの調子が悪くなったしVistaも出たしということで買い換え、あまったのを、ときどきメンテに行くヒデヨシにくれたのだ。もらったのはDell Dimension 5100C。うちで一番高速なマシンになった。たぶんUltima Online専用機になるんだけど。

 今までのタワーより一回り小さめで、家と駅の間だけタクシーに乗ったら手で運べたようだ。それで疲れてしまったらしく設置はわしが。セキュリティ対策ソフトは、ヒデヨシはソースネクストのでいいと言うんだが、前から興味深かったカスペルスキーにしてみた(まだ30日体験版)。

 残る問題は、回線速度だ。うちはBフレッツマンションタイプ2で、昼間は20~35Mbpsぐらい出ているんだけど、夜になると10Mbps以下になることが多く、ひどいときには1Mを切る。こりゃもう、近くの誰かが何か、ファイル共有ソフトとか使ってるんじゃないかと思うくらい。GW中はあまり遅くならないので、そいつが帰省しているとみた。

 全然関係ないけど、近所の人だからといって安心できないという例を一つ。先日ヒデヨシがスーパーで買い物をして、会計をすませ、カゴを置いて3歩先の自販機でタバコを買い、振り返ったらカゴの中を物色して肉パックをつかんでいるおばさんがいたんだそうだ。「あーら、間違えちゃった、ごめんなさい」と言って去ったそうだが…。ちょっと遅かったら盗られてたところ。あぶないあぶない。

全文 »